保険外の訪問看護とは

制約がないので自由に利用できます

訪問看護は、本人の保険の種類によって介護保険または医療保険制度で利用できます。どちらの場合も訪問看護の利用に際し、かかりつけ医の「精神科訪問看護指示書」が必要です。療養状況によって、看護内容や必要回数、利用料などを相談して決められます。

これに対し、保険外の訪問看護では本人とご家族の判断で看護を受けることができます。費用は自費となりますが、サービスを受けることで本人とご家族が安心して生活することになります。